離婚調停を相談するにはどうしたら良いのか

離婚には3つの方法があります。協議離婚、調停、そして裁判の3通りです。最初はまず、夫婦で話し合う協議離婚を行います。日本の離婚の9割以上が、この協議離婚です。それでも合意できなければ、調停を行います。しかし調停でもやはり合意できなかった場合には、裁判となります。協議離婚が成立しない時の調停は、家庭裁判所で行われます。これは調停委員に話を聞いてもらうやり方で、夫婦で合意できた場合は調書を作ってもらいます。その後は、調書の取り決めに従って離婚を進めることになります。このように書くと簡単そうですが、慣れない裁判所での離婚、しかも何をどう話したらいいのかわからないという人もいるでしょう。そのような場合には、まずしかるべき場所で相談してみることをお勧めします。

離婚調停の時は弁護士に話を聞いてもらいましょう

離婚調停のことを詳しく知るには、やはり弁護士に聞くのがいいでしょう。しかし知り合いに弁護士がいないとか、最初から弁護士事務所に行くのは気が重いという人も中にはいます。そのような時には、まず市役所や区役所などの、法律相談に行くという方法もあります。これは無料ですし、話を聞いてくれた弁護士の名刺をもらっておくと、後々便利なこともあります。それから法テラスという方法もあります。こちらも無料で話を聞いてもらえますが、同じ内容の相談は3回までということになっています。また法テラスの場合には、民事法律扶助の制度があり、所得が一定の基準以下の場合には、一時的にではありますが、負担してもらうこともできます。お金はないけれど、離婚を考えているという人に取っては便利な制度といえます。

調停でも依頼しておいた方がメリットは大きいです

ところで離婚調停の場合、特に弁護士は必要ないのではと思う人もいることでしょう。確かに弁護士が本当に必要になるのは、裁判になってからです。しかし裁判以外の方法であっても、弁護士に依頼することで、色々アドバイスをもらうことができます。特に離婚調停の場合は、その人に有利なように調停を進めてくれることもあります。ですから、もし予算があれば、弁護士に依頼しておくのがいいでしょう。費用は事務所にもよりますが、50万円が1つの目安です。お金がない時は民事法律扶助の利用もできますし、事務所によっては、費用の分割払いができることもあります。また相談に行く時には、必ず夫婦や子供の年齢や住所、婚姻期間や、それぞれの財産などをメモして持って行くと、効率よく話を聞いてもらうことができます。

離婚に対してお困りのあなたへ最後までしっかりと担当の離婚弁護士がお力添えさせて頂きます。 当事務所のように離婚弁護士に依頼をすることで少しでも有利な解決・結果を得られることが期待出来ます。 2014年5月2日:中央経済社より「調査・慰謝料・離婚への最強アドバイス」という本が発売されました。 2016年11月17日:テレビ東京「それってタブーですか?」などのテレビ出演もしております。 離婚調停の相談ならオーエンスがおすすめです